交通事故の示談は慎重に

交通事故の被害に遭ったとき、慰謝料や休業損害、治療費などについて、どのように対処してよいか分からず、不安に思うことも少なくないでしょう。

その状況で、何から手をつけてよいか分からず、安易な示談は被害者に不利益になることがあります。

当サイトでは、交通事故の被害に遭ったときに、示談についてどのようにするべきか、ということを具体的にご紹介しています。参考>交通事故 示談 - 弁護士法人アディーレ法律事務所

少しでも不利益にならないためにも、正しい知識を持って交通事故の示談を進めることをおすすめいたします。

交通事故の被害に遭うと最初はどうすればいいか分からないため、何から手をつけてよいか判断できず、相手側の保険会社の指示や連絡に従うことになるでしょう。しかし、その状況が決して被害者にとって最適とは限りません。

保険での治療の打ち切りや、慰謝料、休業損害の認定の方法が不利益になる可能性があります。示談は一度してしまうと「双方納得した」という判断を下され、その後にさらに追加で慰謝料などを請求することが原則できません。

そのことを考えると、被害者の請求権の観点から考えるなら、示談は慎重にしなければなりません。不利益を被らないためにも、交通事故の示談に関しては正しい請求権と申請をして、決してこれ以上不利益にならないために、正しい請求を行うことを心がけなければなりません。

もし、示談のことで分からないことがあるなら、安易に同意せず、状況を確認してから本当に妥当か判断するようにしましょう。

関連:困ったら弁護士に相談を