示談の金額の違いに注意


電卓示談は、被害者と加害者が合意のうえで、おおよそ納得する金額で同意する民事上の行為です。一般的な判例はありますが、双方が納得して合意すれば、その後、金額の変更や補償条件などは変更できません。特に交通事故は全国に判例が過去に何万件とあるため、ある程度金額が確定されており、保険会社の対応もマニュアル化されています。示談を提示されるときには、自賠責保険に加えて、保険会社が自社で一定の条件をまとめた示談内容を提案してくることが一般的です。

交通事故は、自賠責保険に中途で請求する方法を採らなければ、基本的に保険会社が一括対応するため、慰謝料なども含めて最後に支払われます。一部休業損害などは中途で支払われる場合もあります。しかし、保険会社の提示する内容と、弁護士が基準としている「弁護士基準」の請求額は、弁護士基準の金額のほうが一般的にかなり慰謝料などの算定方法も高くなる傾向にあります。そのため、不利益な示談をしてしまわないためにも、提示される示談の金額はよく見極めたうえで、正しい請求をされるようにしておくとよいでしょう。示談金額に関しては、慰謝料は「弁護士基準」を参考にされると示談金額が妥当かどうか判断できます。